火災保険がおりない理由は何?

2022年は大雪に見舞われました。大雪ですぐに被害が見つかる場合や、雪が解けて初めてわかる被害もあります。そんな被害に火災保険が適用できるのかどうか、気になる方は今年は多いのではないかと思います。

火災保険がおりない理由には『経年劣化や故意または過失による損傷であること』など下記のようなことがあります。

  • 経年劣化のとき
  • 故意、重大な過失、法令違反の場合
  • 地震、噴火またはこれらによる津波
  • 免責金額以下の損害
  • すり傷等の外観上の損傷

火災保険の適用条件

自然災害や事故による損害も、補償の対象に含まれることがあります。

一般的な火災保険の補償対象は、主に次の5パターンに分けられます。火災保険の補償対象

  • 火災 :失火・もらい火・放火などで住宅が燃えてしまった場合
  • 水災 :台風や集中豪雨などで、住宅の屋根が破損・床上浸水した場合
  • 風災・雹災・雪災:強風・雹・大雪で、住宅の屋根など破損した場合
  • 落雷 :落雷で住宅や家電製品が壊れた場合
  • 破裂、爆発 :ガス漏れなどによる破裂や爆発、ガスに引火して住宅が燃えてしまった場合

火災保険の補償の対象は、3年以内の自然災害による突発的な被害で、経年劣化によるものではないことが条件です。

上記動画、または下記で詳しく解説しています。

火災保険が下りない理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。