火災保険申請サポート(保険金申請、受給の窓口)

火災保険は、住まいが火災の被害に遭った際の損害を補償する保険です。多くの場合、火災に加えて「落雷」「破裂・爆発」による損害も補償されます。また、保険の種類によっては、火災の他に震災、風災、雪災、水災、盗難による損害なども補償の対象になります。建物だけでなく家具なども補償されます。名前こそ「火災保険」ですが、「住まいの損害に備える保険」という意味合いが強い保険と言えます。

しかしながら、一般的に火災保険で自然災害の損傷箇所の修繕が可能ということは認知されておらず、また保険が下りるような徹底した申請をできる方はほとんどいないのが現状です。弊社は専門スタッフがお客様の代わりに損傷箇所の確認調査、保険会社への申請サポートを行っています。「火災保険、地震保険」に加入していれば、火災以外にも自然災害等で受けた損害に対して請求できる権利があります。

こんな方ご相談ください!!(保険金を受給できる可能性があります)

  • 火災保険に加入しているけど申請していない。
  • 過去に申請したけれど支払い対象外と言われた。
  • リフォーム、外壁塗装、屋根工事などを考えている。
  • 壊れていないと思っている。
  • 工事はしたが、保険は未申請。

過去に遡っても申請できます。

火災保険の適用を調査・申請・受給までトータルサポート!(調査・申請費用無料・完全成果報酬)

キャンペーン用

保険金のお受け取りができた場合のみ、総額の30%~35%(税別)を全額後払いでサポート手数料として頂戴しております。(調査の際に撮らせていただく写真を、広告等で使わせていただける場合30%(税別)となっております。ただし、個人が特定できるような内容を使うことはございません。)

火災保険の基本的な特徴

火災保険は台風・雪・雨・雷などの自然災害はもちろん、車の衝突やイタズラなど多くの被害に対応できる万能な保険です。
また被害の大小ではなく事故原因が補償対象であれば問題ないため、ご自身で被害の実感がなくても保険金を受け取れるケースが多いのです。
火災保険は自動車保険などとは違い、等級制度がないため何回使っても保険料が上がることはありません。
また被害に遭う度に何度でも使うことができます。
火災保険の請求権(時効)は3年しかありません。
申請を先延ばしにしてしまうと、本来受け取れたはずの保険金をもらい損ねる可能性があります。
火災保険でおりた給付金は、自由に使う事ができます。必ず修繕やリフォームに使用する必要はありません。

約7割~9割の方が火災保険の申請をしていません。

保険適応外だと思っていた箇所が、実は保険適応内という事例も多くございます。(リフォームや外壁塗装、屋根工事で、直してしまっていても使えます。

詳しくは下記へ

https://kasaihoken.aikyo-ad.com/

    お問合せ内容

    郵便番号 (必須)

    都道府県

    市区町村

    それ以降の住所

    対応可能地域(全国ネットワーク)

    離島以外全て対応